• ホーム
  • 肌にシミができたらトレチノインで改善

肌にシミができたらトレチノインで改善

女性のお肌の天敵とも言われている一つにシミがあります。
年齢肌のサインとも言われていますし、若い時にはあまり気にならなかったのに、30代を過ぎたあたりから急に気になるというケースもあるでしょう。

まずシミの原因は、紫外線などを浴びる事でメラノサイトが刺激されて、メラニン細胞からメラニン色素が出来てしまう事にあります。
さらにそのメラニン色素は通常であればお肌のターンオーバーという新陳代謝が起こるメカニズムによって排出されていきます。
しかし、年齢とともにそのターンオーバーの働きが崩れて乱れてしまいます。
すると角質が溜まりメラニン色素も排出されずにどんどんたまっていってしまい、シミが出来てしまいます。

毛穴の開きや汚れ、そしてニキビなども気になる方が多いと思いますが、この原因もターンオーバーが影響していることも多いです。
若い時には皮脂の分泌が多い事で思春期ニキビが出来ますが、大人ニキビに関してはターンオーバーの影響も大きいです。

シミ、そしてニキビやガサガサした肌の改善には、ターンオーバーを改善していく事から考えていきましょう。
もちろん化粧品をこだわることも重要ですが、それが浸透しづらくなっているという事も影響しています。
そのため、トレチノインを使う事をお勧めします。

トレチノインは、美容皮膚科などで処方してもらうこともできますし、通販で手に入れることが出来る場合もあります。
その際薬事法に関係してくる濃度ですと個人輸入という形になりますし、安全性の高いものを選ぶことも重要です。
ターンオーバーを促す効果がありますので、ゆで卵をむいた時のようなつるつるのお肌にしていく事が出来ます。
また、ハイドロキノンという漂白作用のある薬を併用することで、シミをより効果的に綺麗にしていく事も可能です。

ピーリングジェルなどを使ったケアを行う方もいると思いますが、こするタイプはお肌に負担もかかりますのでトレチノインがお勧めです。

トレチノインはニキビ跡にも効果がある

ビタミンAの100倍以上の活性力があるビタミンA誘導体であるトレチノインは、「若返りと美肌の薬」なんて異名をもつほど肌を生まれ変わらせる効果のある成分を含みます。
強力なターンオーバーの促進やピーリング作用があり、ニキビのもとになる面皰なども一緒に排出してくれ皮脂を抑えるので、毛穴の黒ずみもできにくくなっていきます。
他にもコラーゲンやヒアルロン酸を増やす働きや、老化やニキビ、たるみの原因となる活性酸素をおさえる抗酸化作用の特徴もあります。
ニキビやニキビ跡による赤みや黒や茶色などのシミには高い効果が認められ、肌が凸凹になるクレーターのニキビ跡には耐性ができる都合上効果が出るまで使うことができません。

トレチノインは個人輸入の通販サイトで購入することができますが、トレチノインは濃度や使い方によって肌への刺激が強く副作用の症状がでるので美容皮膚科などで、医師の指導のもと使うのが良いとされます。
ただし美容皮膚科で処方されるものの日本では認可されていないので保険適用外です。
この濃度には0.01パーセント、0.025パーセント、0.05パーセント、0.1パーセント、0.4パーセントがあります。
濃度が高いほど効果がでやすく同時に副作用もでやすくなり、目安としては0.1パーセントの濃度が高い効果を期待できるが肌に赤みやヒリヒリ感や乾燥といった副作用が出ます。
濃度が0.05パーセントではシミやそばかす治療をするのに程よい濃度になるものの、体質や塗る場所によっては作用が強くでるケースがあるとされます。

また肌の漂白剤と呼ばれるハイドロキノンとトレチノインを併用することでメラニン細胞の抑制作用とメラニンの色を薄くする還元作用でシミが改善されます。
使い方として重ね塗りを2~6週間行い、ハイドロキノンのみを2~6週間使用という使い方になります。